合唱コンクールの練習とその思い出

中学生のときの、合唱部の経験について書きたいと思います。中学校一年生と二年生の時に、合唱部に所属していました。音楽学校に通っていたので、その合唱部の質は、やはり一般の中学校の合唱部と比べたら、とてもよかったと思います。しかし、そのレベルに達するには、毎日のような練習の嵐についていかなければなかなかできないことです。普段は毎週3、4回の放課後の練習は当たり前でしたが、全国合唱コンクールの前は、夏休みは毎日学校で練習にあけくれました。皆が夏休みのときに、暑い中、遠い学校に電車にのり行き、朝から夕方までの練習は厳しかったです。また、先生がとても厳しかったので、辛いことが多かったです。もし、2日間練習にこなかったら、もうこなくていいと言われるほどです。しかし、それだけ毎日厳しい練習をし、全国合唱コンクールに参加して、金賞を取れた時の嬉しさは今でも忘れられません。他の生徒は、夏休みをのんびりしている間、ひたすら毎日声がかれるほど練習をし、勝ち誇った金賞は、人生においていい思い出となりました。今思うと、若さ、そして中学時代の青春だったなと感じます。何かを他の生徒と先生と頑張って成し遂げたことはとても気持ちがよかったです。女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較